鍵交換 カギの開錠 補助錠の取付など 防犯や鍵のトラブル関する出張サービスを東京 神奈川 千葉 埼玉 大阪で行う業界大手の鍵屋
   犯罪事例ケース8
  • 中国人ら9人を逮捕 窃盗などの疑い - 京都府警 / 2007年09月25日

     京都府警捜査三課と向日町署などは25日、京都や大阪のマンションなどを狙って空き巣を繰り返したとして、窃盗や住居侵入などの疑いで、中国人8人を含む窃盗グループの9人を逮捕し、169件の被害(総額約2億6000万円)を裏付けた、と発表した。

     府警によると、リーダーの中国人●受刑者(29)=常習特殊窃盗罪で服役中=ら3、4人が1組となり、2005年6月から昨年6月にかけて京都、大阪、兵庫、愛知の4府県で、マンションを中心に留守宅に忍び込み、現金や貴金属、ブランド品のバッグなどを盗んでいた、という。

     グループは玄関ドアののぞき穴をのぞいたり、インターホンを押すなどして留守を確認し、郵便受けから針金で鍵を開ける「サムターン回し」などの手口で侵入していた、という。盗んだ物は国内の古物商に販売したり、海外に持ち出して売却していたとみられる。
      府警は、ほかに中国人4人が侵入盗の実行にかかわったり、盗品を海外で売りさばいていたとみて行方を追っている。

     

  • 刑務官がパチンコで負けた腹いせに窃盗−日刊スポーツ / 2007年9月27日

     京都府警伏見署は27日、窃盗の現行犯で京都刑務所刑務官の●容疑者(36)を逮捕した。

     調べでは、●容疑者は同日午後1時すぎ、京都市伏見区のパチンコ店で、景品交換カウンター前の床に積まれていた景品のDVDプレーヤー1台(時価約9000円相当)を盗んだ疑い。防犯カメラに●容疑者の様子が写り、店長らが店の外で取り押さえた。●容疑者は「パチンコで負けた腹いせにやった」と供述しているという。

     京都刑務所は「事実関係を確認した上で厳正な処分をしたい」としている。