鍵交換 カギの開錠 補助錠の取付など 防犯や鍵のトラブル関する出張サービスを東京 神奈川 千葉 埼玉 大阪で行う業界大手の鍵屋
   犯罪事例ケース1
  • 松本市職員を窃盗で再逮捕 - 日刊スポーツ / 2007年10月01日

     長野県警松本署は1日、女性のバッグから携帯電話を抜き取ったとして、窃盗の疑いで松本市商工観光部観光温泉課主任、●容疑者(34=強制わいせつ罪で起訴)を再逮捕した。

     容疑を認め「女性の個人情報が知りたかった」と供述しているという。●容疑者は女子高生の胸を無理やり触ったとして、9月に強制わいせつ容疑で逮捕されていた。

     調べでは、●容疑者は昨年5月10日、松本市内で通学中の女子専門学校生のバッグのポケットから携帯電話を抜き取った疑い。

     同署はさらに余罪があるとみて調べている。

     

  • 靴販売店狙い窃盗繰り返した男を追送検 −日刊スポーツ / 2007年10月05日

     大阪市警捜査3課などは5日、靴販売店を狙って盗みを繰り返したとして、窃盗などの疑いで、大阪市羽曳野市野々上、無職●被告(35=公判中)を追送検したと発表した。

     調べでは、●被告は今年4月15日、福岡県飯塚市の靴販売店の屋根に金切りばさみで穴を開けて侵入、現金約9500円などを盗んだ疑い。

     昨年2月から今年5月にかけ、同じ手口で関西などの11府県の靴販売店を狙い、33件、被害総額約660万円相当の盗みを重ねた。靴販売店で働いた経験があり、店内の構造に詳しかったという。盗んだ金は借金の返済やパチンコ代などに充てていた。

     府警は5月、和歌山市の靴販売店から現金約90万円を盗んだとして●被告を逮捕。余罪を裏付け捜査していた。