鍵交換 カギの開錠 補助錠の取付など 防犯や鍵のトラブル関する出張サービスを東京 神奈川 千葉 埼玉 大阪 兵庫 京都 愛知で行う業界大手の鍵屋


    川崎の空き巣被害は日本ロックが防ぎます

神奈川県神奈川県川崎市は、非都道府県庁所在地の市の中で人口が最多の政令指定都市です。
かつては稲作や果樹栽培が盛んに行われていましたが、
明治・大正期に工業の街へと変貌を遂げました。
神奈川県川崎市の様に人口の多い都市では、
住宅が密集する地域での死角が生まれやすく、空き巣被害が発生しやすいです。
日本ロックは防犯用品や防犯性能の高いカギを扱っていますので、
自宅の防犯対策に役立つことでしょう。

鍵の作業内容と料金表はこちら

    政令指定都市川崎の死角は日本ロックがカバーします

神奈川県神奈川県川崎市は県の北東部に位置し、7つの区から成る政令指定都市です。
政令指定都市としては面積が小さく人口はおよそ140万人です。
財政状況は良好で、政令指定都市の中では一番財政に余裕があるとされています。
市の北端には多摩川が流れ、それを水源とした二領用水が江戸時代初期に完成し、
農業の生産量は増加しました。
丘陵地帯では果樹栽培が盛んで、それらの農産物が江戸の食卓を支えていたのです。
ですが明治・大正期には急速な都市化や工業開発により、農地は激減します。
そして明治期の産業革命以降には重工業が成長を遂げ、
昭和前期になると臨海部での大規模な埋め立てが進められ、
大規模工場とその関連の中小工場の建設地に充てられました。
昭和前期には鉄道路線が次々と開業し、私鉄沿線には住宅が増加、
多摩川沿いの南部線沿線には工場が多く建設されました。
非都道府県庁所在地の市の中で最多人口を誇る神奈川県川崎市では、
かわさきFMの”地域安全かわら版”を通して防犯情報を発信しています。
また、安全安心対策員による一戸建てや共同住宅の無料防犯診断を行っており、
気軽に申し込む事が可能です。
その様な市の防犯対策支援をよそに、
住宅が密集する地域では多くの死角となる場所が生まれています。
空き巣はそういった死角を好み、見逃しません。
事前に下見し、住人の生活パターンまでも把握している事が少なくないようです。
ですから、空き巣が簡単に攻略出来ないような防犯対策が必要なのです。
窓ガラスを破られない為に防護シールを貼ったり、
センサーライトや非常時に大きな音の出るアラームの設置など、出来ることは沢山あります。
日本ロックではその様な防犯用品を数多く取り揃える他、
防犯性能に優れたカギへの交換や補助鍵の取り付けを行っています。
防犯の為に知っておきたいですね。

    対応可能地域

川崎区 中原区 幸区 麻生区 多摩区 宮前区 高津区



鍵の作業内容と料金表はこちら

    鍵の作業内容と料金表

料金表