鍵交換 カギの開錠 補助錠の取付など 防犯や鍵のトラブル関する出張サービスを東京 神奈川 千葉 埼玉 大阪 兵庫 京都 愛知で行う業界大手の鍵屋


    埼玉県鶴ヶ島市の犯罪を減少させる為には日本ロックの的確なアドバイスを

入間台地の先端に位置する場所に埼玉県鶴ヶ島市がありますが、
この街の名前の由来は男松と女松との関係と、
鶴がその街に巣籠もりした事から鶴ヶ島と名付けられたと言われています。
この様な街でも犯罪はゼロでは無く、様々な犯罪が起きています。
ひったくり犯は今年の4月現在においては、0件ですが将来はどうなるのかは判りません。
ですから様々な種類のカギを用意しており、
単なるカギ業者では無く防犯ブザーというセキュリティグッズも用意している、
そんな日本ロックであれば、ひったくり犯が増加しても、犯罪被害者に成らずに済むでしょう。

鍵の作業内容と料金表はこちら

    脚折雨乞いという行事で有名な埼玉県鶴ヶ島市の見処と犯罪情報

埼玉県の入間台地の先端に位置し、面積が17.73キロ平方メートル程度である埼玉県鶴ヶ島市は、
人口密度が1平方キロメートル辺り3960人程度の人口密度です。
この街の由来は次の様な言い伝えがあります。
遥か昔、水田地帯に小高い島の様な場所があり、
そこに生えていた男松と女松が同じ根から生えている事、
そして縁起物とされる鶴がその松に鶴が巣籠もりをした事が重なり、
これは縁起が良いという事で肖って、この街の名前になったという話です。
この街の見処の一つとしては、脚折雨乞いという行事です。
脚折雨乞いという行事を実施するには一年前から計画的に準備を進め、
全長36m程度・重量3トンという、龍の様でもあり蛇の様でもある代物を作る必要があります。
これを作る為には、麦藁が550把・モウソウチクという、
アジアの中でも温暖湿潤気候に分布すると言われている竹を80本、
そして縄が23束という大量の材料が必要になります。
実際に蛇体を作り始めるのはおよそ1週間前から初め、
決められた職人が作るのではなく、多くの市民の協力によって仕上げるのです。
脚折雨乞いは、300人程度の男性が担ぎ、太鼓や法螺貝等の演奏により雷電池を目指し、
蛇体を雷電池へ入水させながら、雨降れたんじやくここに懸れ黒雲、と叫びながら暴れ回り、
雨乞いの祈りを捧げるという訳です。
その他には、鶴ヶ島中学校前で行われる桜まつりや、
鶴ヶ丘稲荷神社古墳等も見ることが出来ます。
以上の様な見処が豊富な街ですが、犯罪が皆無という訳ではなく、
鶴ヶ島管轄の西入間警察署が2014年の4月のデータとして公表している所によれば、
自転車の盗難が60件を越えていて前年と比較すると、37%増加しています。
また、侵入窃盗は2014年は9件で12.5%増加していますが、
ひったくり犯に限り、0件をキープしているのです。
これらの結果から侵入窃盗の犯罪には警戒をして、
ひったくり犯は無くなったと考える人もいるかも知れませんが、
未来の事は予測できませんから、
他の犯罪と同様に警戒するという心構えをする事が大切でしょう。
様々なレベルのカギのストックを誇りながらも、
高品質のカギを安価に提供する日本ロックは、単なるカギ屋ではありません。
徒歩の女性のバッグを背後からバイクで近づき、
力任せに引き剥がそうとするひったくり犯に対して、
日本ロックが販売する防犯ブザーをセットしておけば、
2メートル程度の場所で自動車の警笛を連続して鳴らすレベルの音が鳴り響きますので、
犯人は驚き犯行を諦め逃走を図るでしょう。

    対応可能地域

太田ヶ谷 上新田 上広谷 共栄町 五味ヶ谷 下新田
新町 脚折 脚折町 高倉 鶴ヶ丘 中新田 羽折町 藤金
富士見 町屋 松ヶ丘 三ツ木 南町 柳戸町



鍵の作業内容と料金表はこちら

    鍵の作業内容と料金表

料金表